二階に


お休みだったので、ちょっぴり朝寝坊。
目が覚めていたもののベットでダラダラしていたら

?!

シンが階段を上がってくる足音が聞こえました。

え゛ーーーー何か月ぶり〜?

シン起こしに来てくれたの〜?



階段上がれるんじゃん!
もう、二度と上がってこないんじゃないかと思って
つい先日、シンが滑らないように敷いてある階段マットを
外そうかなぁ〜?なんて思っていたんだけど。汗

よっこいしょ、よっこいしょっと上がってきてくれたのが
あんまりにも嬉しくて。かわいくて。

ダンナと私。片方ずつの手で、顔を挟んでうりうりしちゃいましたー。









Home 「黒柴シンとの暮らし」



| 日記 | 10:37 | comments (0) |
滞在時間は20分
金曜日もダンナが有休。それに伴いワタシも
お休み変更していて、我が家的には3連休でした。

どこ行こう? キャンプ? カヌー?
なーんていろいろ考えていたのだけど雨という予報に、打ち砕かれ。。。。


でも土曜日はいいお天気。
それになにやら小学校は運動会のところが多いらしい。
それなら、どこも空いてるかもーーー!と出かけてみました。

案の定、道路は、すきすき。
ポピー満開の くりはま花の国まで、ばぴゅーん。



ポピー満開なのに、人もまばらでとてもよかったのだけど、、、。



シン、、、お家で寝ていた方がよかったみたいです。



喜ぶのかと思いきや、少し歩いたら、もう帰るーーーとUターン。

まぁ、暑いっていうのもあったのかもしれないのだけど。
せめてカート持ってくれば、もう少し楽しめたのかな?

駐車料金600円払ったのに、飼い主たちがトイレに入り
それを含めても滞在時間は20分ほど。。。。

もう、お出かけは、それほど嬉しくないのかなぁ?
家でのんびり、寝ていたいのかなぁ?

結局そのままドライブして、野菜買って、帰るのでした。





Home 「黒柴シンとの暮らし」

| おでかけ | 17:29 | comments (0) |
廊下で お出迎え
寒いと、ソファーに寝ていて、更にはリビングのドアが
しまっているので、ダンナの帰宅に気が付かない事も
多くなりましたが、廊下で寝るようになると
ダンナ帰宅時間に、耳を澄ますようになりました。



ふふふ。 どう? 門 開いた?







Home 「黒柴シンとの暮らし」

| 日記 | 17:26 | comments (0) |
廊下寝
気温上昇とともに、シンの居場所がソファーから
廊下に変わりました。

はっきり言って、廊下や階段すれすれの場で寝られると
とーーーーーーっても邪魔です。

シンをまたぎつつ、階段 一段分を降りるって。。。とっても怖いです。


ここはお風呂場前

でも、かわいいんだけど、、、ね。。

はい。親ばかです。

| 日記 | 17:23 | comments (0) |
話わかってるの?
前の日の夜、ふとシンのおもちゃ箱を見て
『そういえば、最近 キューキューボールで遊んでないね〜』と
シンにトラちゃんのキューキューボールを見せました。

その時のシンってば、ワタシの話に ふんっ てな対応。

…で、翌朝散歩を終えて足を拭いたあと、速攻 おもちゃ箱に走っていったかと
思ったら、キューキューボールをカミカミして、音を鳴らし
投げては噛んで、キューキュー。投げては、、、、の繰り返し。


カメラ出したら、遊ぶのやめちゃったぁー。



おいおい、ワタシの話、しっかり理解してるんですかーーーーー?ダッシュ

怖すぎです。笑






Home 「黒柴シンとの暮らし」

| 日記 | 17:19 | comments (0) |
夢のような ひと時
散歩コースにサスケくんという大好き先輩ワンコがいますが
サスケくんが虹の橋を渡たってしまったあとも、シンは
飼い主さんも、だーーーーい好きなので
いつも、かわいがってもらっています。

…で、そのお家にいつの間にか、野良ちゃん猫さんが
家族の一員になったようで、この日はちょうど
飼い主さんと、猫ちゃんがお外にいました〜。

シンは飼い主さんも、猫ちゃんも大好きなので、もうウハウハ状態。

更にはなんと、猫ちゃんを抱っこして匂いをかがしてもらえましたー。



あまりにもシンが嬉しそうに匂いを嗅いでいたので
思わずカメラを起動したのだけど、実は写真が撮れていない前半なんて
お尻にずぽっとと鼻をうずめるほど。
もうメロメロ状態でした。笑



犬が猫を敵対視しているようなイメージだけど、シンは猫さんが
大好きで、いつも遊びたがるし、仲良くしたがってます。

まぁ、猫さんにとってみれば怖いのだと思うのだけどね。



それにしても、よかったね。
鼻をうずめるほど、思いっきり猫ちゃんの匂いを嗅げて〜。
夢のようなひと時だったね。





| 日記 | 14:40 | comments (0) |
病院へ。
病院へ。

フィラリア検査とお薬もらいに。更に年に一度の健康診断。

心音も異常なしで、健康でした♪
血液検査の結果はのちほど郵送〜。

そして帰りは、大池公園へ。

最近、ずっと正面入り口からのお散歩だったけど
久しぶりに裏口から入ったら、いつもよりずっと静かでのんびりお散歩できました。
うっそうしていた松林も、いつの間にか、明るい芝生の斜面に
なっていたし。。。のんびりお散歩には、こっちの方がいいねって事に。




病院はかなり待ったので、すっかり夕暮れ時。
シンが黄金色に輝いてます。笑



健康、ぱんざーーい。

これからフィラリアのお薬も、秋まで頑張ろうね。(← まずいので)

| 体調&病院 | 17:14 | comments (0) |
耳と鼻



レポできたけど、、、ぐうたらしていただけなので
内容がナイヨー。←おやじギャグで済ませる。。。爆


GWキャンプレポ。





そうそう。キャンプ場でドローン撮影してくれました。
管理人さんによると、後日アップしますというので楽しみにしているのだけど
編集に時間がかかっているのかな〜?

写っているか、楽しみだなぁ〜。










---------------------------------




私はまだ職場のころ。ダンナが今日は外出の日で、16時すぎに帰宅。

玄関を開けるとき、それなりに音がするのに
リビングに入ったらシンはソファーの上で、すやすや寝ていたそうです。

気持ちよさそうだったので、リビングには入らず
シンを起こさずにダンナは2階へ行ったそうです。

…で、着替えていたら、たぶんダンナの匂いがしたのかな〜?

下の階で、シンが 結構な大きさの声で ひぃんひぃん鳴き始めたそうです。
ダンナも 『今、行くよー』と二階から声をかけ、急いでいくと

え゛ーーーーーーーっ。 汗


なんとシンは玄関の方をじっとみつめ、ひんひん鳴き。
階段降りてくる音にも気が付かず、真後ろにいるにもかかわらず
真剣に玄関の方を見つめていたそうです。

てっきり2階にいる事に気が付いて、鳴いていたのだと思ったのに
ダンナの存在だけを察知したものの、どこにいるかすら
わかっていなかったみたいです〜。

話を聞いて、大笑い。

それで、どうしたのかと聞いたら、真後ろで、大きめの声で呼んだら
振り返って大喜びしたみたいです。ダッシュ


耳は遠いけど、まだ鼻はきくのかな?












Home 「黒柴シンとの暮らし」


| 日記 | 11:31 | comments (0) |
幼馴染




こんな風に一緒にお散歩するのも、もうすぐ14年になるんだね〜。

すごいなぁぁ〜。

しかも年齢も半年違い。

一緒に年をとれるお友達がいるって、嬉しい事です♪







Home 「黒柴シンとの暮らし」

| 日記 | 11:21 | comments (0) |
お留守番



その後、ダイソンの掃除機は、怖がる事もなく掃除させてもらえましたー。

とりあえず、一安心と思っていたのでけど…。
本日はダンナの実家へ行く予定日。

だーけーどーーーーーーー。
天気予報では局地的に雷がなるかも…なんて言っているじゃありませんかー。

前回の雷と、掃除機のガタガタ、ブルブルの震えを見たら
できるだけそうなってしまうと時は、そばにいてあげたいと思い
実家に連れていくか、悩みました。


でも、外出時間の昼過ぎまで雨雲レーダーとにらめっこしていたら
どうやら雨も数時間後には、やみそうだし、雷もならなさそう〜。という事で
安心して、お留守番してもらう事になりました。

連れて行ってもよいのだけれど、やっぱりシンも自宅と同じように
くつろげないしね。

夜、帰ってきて、リビングにダンナと二人で入ってきても
全く気が付かずに、グーグー寝てるシン。



鍵を開ける音にも、玄関のドアをあける音にも気が付かずに
熟睡しているという事は、それだけ不安なく留守番できていたと
いう事だよね。ちょっとほっとしました。






Home 「黒柴シンとの暮らし」






| 日記 | 17:50 | comments (0) |


  


CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   05 - 2017   >>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート