ココロの中のシンと共に
今日はシンの四十九日です。

この日までは、お空とこちらを行ったり来たりするらしく。


4日前には、シンがよく昼寝をしていた2階の部屋でコトンと
物音がしたので確認したら、写真をとった後にしまっていた
シンの散歩道具のカバンが、置いていた場所から逆さまに落ち
中からリードやハーネスが全部ぶちまけられていました。。。

おーーーーい、シンが走り回って落としたのぉぉ〜?笑
なんかシンがヘラヘラ笑っている気がしました。


リビングにいると、今までしなかったコトンという音が
2階から、よくしているんだよな〜。
明日からは、その音も聞こえなくなっちゃうのかな〜?




(今、最後の日記をUPする時に、2階からコトン コトンと
音がしました。最後だよ〜♪って走り回ってたかな?)




ハート




最後に私の思いです。





我が家には子供がいなかったので、シンが来てくれたおかげで
私達はやっと家族になれた気がしています。



だって夫婦二人って相手の事でしか、喜んだり、悲しんだり
心配したりしかしていなくて。
(もちろんお互いの両親、兄弟も家族なのですが
一緒に住んでいる家で考えた場合)

ダンナに対する事は、何をするにしてもワタシ1人の単体の思いでした。


でも、シンがそこに加わったおかげでダンナと私の方向が
一緒にシンに向かいました。


二人でシンの事を喜んで。

二人でシンの事を心配して。

二人でシンの事で、協力して。


そしてシンも私達の事を喜んでくれて。

私達の事を心配してくれて。

私達に協力してくれて。



シンがそういう存在になってくれたことで、家族になれた。
そう感じさせてくれました。





結婚して7年が夫婦2人の時代。 シーズン1。

シンが来て17年が家族の時代。 シーズン2。

そしてこれからは、また2人の時代.。

でもここからの2人の時代は、また前のように戻るのではなく
心の中のシンと家族のままの2人の時代です。

シンと一緒にシーズン3に突入です。

どんな事が待っているかわかりませんが、走ったり、時には
止まったりしながら、楽しく進んでいきたいと思います。




ハート ハート ハート ハート ハート




シンが楽しく生きた日数を数えたら 6220日 でした♪








シンがお空に行ってから、悲しかったけれど
ホームページでたくさんの方にメッセージをいただき
とても温かい気持ちになりました。

更には2月19日からの今日までの49日間。
シンがいた頃と同じように、日記を書き、それを
読んでいただけたコト。みなさんに昔のシンの
動画や写真を見て、笑っていただけたと
メッセージをいただいた事で、本当に救われました。

そういう事を含めて、長い間、シンのホームページに
遊びに来ていただいて、メッセージをいただいて
とっても嬉しかったです。本当にありがとうございました。



緊急事態宣言の日に、このホームページを最後にするのは
なんだか複雑な思いですが、どうか、みなさまお元気で。


そして「さようなら」はさみしいので、またどこかで!と
言わせてください。






また、どこかでお会いできたら嬉しいです♪













| 日記 | 21:00 | comments (44) |
存在をアピール?
世間はまた一段と、病のコトですごいコトになっています。

テレビをつければ、不安になるコトばかり。

幸い…というべきなのか、ダンナの会社は在宅になり
ウィルスの心配と、収入の心配はなく…。
家にこもって、テレビさえつけなければ、なんだか普段の
穏やかな時間が流れています。

とってもかわいい、みのたけ製菓さんのアイスボックスクッキー
レシピ本。もうずっと前に買っていて作ろう、作ろと思っていました。



パーツを1つずつ、組み合わせ、最後に金太郎飴のようにカットすると
かわいいクッキーが何枚もできるというレシピ。

買った本では、たれ耳のワンコの作り方しかなかったので
猫ちゃんの作り方に手を加えて、想像で黒柴を作ってみましたよ。



カットしてみるまで、ちゃんと黒柴になっているかわかりません。

ドキドキ。ドキドキ。



まぁこんなもんでしょぉー。汗



焼いてみましたーー。



ココアクッキーのいい香り♪

バターたっぷりの美味しいクッキーが焼けました。





ちなみに、、、焼く前にオーブンの天板に一枚、一枚並べていたら
最後の最後に、黒柴ちゃんのマロとマロの間に
どこからともなく、シンの毛が着地していました。


黒い所に目立つ、1本の白いアンダーコート。

なんで、今ぁぁぁ?

シンが存在をアピールしたような気がしました。笑



爪で取ろうとチャレンジたのだけど、もう焼く寸前で
クッキー生地が軟らかくなっていたので、眉間がえぐれそうに。
エーーーイっ! 一緒に焼いちまぇ〜。ダッシュ




シンに責任とってもらおう〜とお供えしましたよ。笑


一緒に食べようね〜。





ハート ハート ハート ハート ハート


階段を上がって、シンがよく日向ぼっこしていた部屋の前を
通ると、この間買った3Dのシンのクッションが目に入ります。

くらーーい部屋に、笑顔のシン。

寒くて、暗い部屋にポツンといる姿が今度はかわいそうになり
リビングのソファーに連れてきました。

やっぱり一緒の方がいいよね。







| 日記 | 01:17 | comments (0) |


  


CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   03 - 2021   >>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート