懐かしい匂い


雪の日の翌日の散歩で、公園で拾いました。
桜の蕾がたくさんの小枝を。

大切に持ち帰ったけれど、ちょっとしおれている感じだったので
咲くのかなぁ。。。と思っていたら、咲きました!

我が家に一足早く、桜の便り♪




夕方の散歩で、シンが大好きだった赤柴のももちゃんの飼い主さんに
ものすごく久しぶりに会いました。

ももちゃんはシンより若いのに、数年前に虹の橋を渡ってしまったんだよねぇ。涙

お散歩がなくなってしまったので、いつも一緒だったお父さんに会うのは
ものすごく久しぶり。私もついつい
『もう15歳になっちゃったんですよぉ〜(シン)』 なんて立ち話。

そして帰り際に、シンに手を差し出しました。

飼い主同士が話をしている時は、耳も遠くなってきた事もあり
しら〜ん顔だったシン。でも、差し出された手を
くんくん くんくん…と嗅いだとたん。

はっとしたように喜びだし。ひゃっひゃ、ひゃっひゃと小躍り。
そしておじさんの手に、クネクネと体をゆだねはじめました。

この姿にびっくり。

だってももちゃんのお父さんは、いつも ももちゃんを連れていたので
シンに触った事もないし、手の匂いすら、かがせる機会がありませんでした。
なのに、この喜びよう。

シンは、人間大好き、誰でも歓迎♪のタイプではなく
逆に心許した人しか、こんな姿は見せないのに。

だから、だから…。
お父さんの手から、ももちゃんを感じたんだと思います。

ももちゃんには、ももちゃの匂いだけではなく
住んでするお家や、お父さん、家族のみなさんの匂いがついていたんだよね。
きっと、それをひっくるめて、ももちゃんの匂いだったんのかもなぁ〜。

なんだか、じんわりしてしまいました。

ももちゃんの飼い主さんも、あまりのシンの喜びように
『嬉しいなぁぁぁ〜。かわいいなぁ〜。』を連呼。

さんざんなでてもらったシンも、とっても嬉しそうでした。

じゃあ。と立ち去っても、名残惜しそうに後を追い
行こう〜と引っ張っても、そこを動かず、お父さんを見送っていました。
お父さんも、振り返ってバイバイ。

また会えるといいね。

また会えたら、なでてもらおうね。






| 日記 | 11:54 | comments (0) |
コメントする








  


  


CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート