ゆっくりと、頭を整理して、シンと向き合って書きたいと思います。

前回の日記から、書こうと思っていた残りの日記は
のちほど、まとめて更新したいと思っています。

ただ、思った以上に私もダンナも元気です。

自分でもビックリしていますが、シンの体がある時は
泣いて、なでて、泣いて、抱っこして、バカみたいに肉球の匂い嗅いで
(シンは体が冷たくなっても、肉球のいい匂いがしてました。)
もうすぐシンの体に触れる事も、なでる事もできないと
メソメソ、メソメソしていました。

葬儀場の日程は、ダンナが唯一早く帰れる木曜の午後か
そうでなければ土曜日にするか迷いました。

土曜日にすれば、少しでも長くシンをなでていられると思う反面
金曜の仕事の日に、シンを一人で留守番させなくてはいけなくなるし。

なのでやっぱり木曜日にしました。

そう決めて、予約もして、皆様に空を見てください…なんて
お願いをしたのに、、、、なでているうちに、やっぱりこの体を
目の前から消しくたくないと、またメソメソして。

みんなにやっぱり土曜日にします…と書き直そうか?と思ったり。

こんな自分に、自分でもどうなっちゃうんだろうと心配していましたが
お空に昇って行ったら、逆でした。

私もダンナも何かすぅーーっと、気持ちが軽くなり。
あ〜これでシンは元気に走り回れるんだな。
おいしいものを目をひんむいて食べて、お友達と笑って
痛みも苦痛もない世界で楽しく暮らして、そして私たちを待っていてくれる。



そんな風に思えました。

だから、私もダンナも元気です。
びっくりするぐらい元気です。

最後を二人で看取ってあげられるか、、、、その時は、いつになるか。
シン、教えてよぉーーーとそれだけが不安でしたが
シンは、大切な時間をくれました。


またその事を書いて泣いちゃうかもしれないですが、ちゃんと日記も
最後まで書きたいと思います。

ありがとうございました。

仕事行ってきます。




庭の梅が満開になってきたので飾りました。



春になってきたね。シン。





| 日記 | 11:04 | comments (17) |


  


CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<   06 - 2021   >>
ARCHIVES
COMMENTS
PROFILE
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート