月命日



今日はシンの初めての月命日です。





今、シンがいたら何がしたいかと言うと 『 散歩 』と即答します。



アウトドアは好きだけれど、基本、出不精なので
用事がなければ家にこもっちゃう方です。
寒い、、とか、雨、、とか、そんな日は絶対に外に行きたくない人です。



なので、もしも家の中で、ちゃんとトイレシートでできるワンコだったら
ワタシ、時々お散歩さぼっちゃってたかもなぁ。。。



でも、そんな私でもシンが来てから、とにかく毎日、毎日。
雨が降ろうが、雪が降ろうが、必ず2回外に出ました。



シンと散歩に出ました。



いい天気の日。




雨の日。




暑い日




寒い日。




雪の日。






やる気ない日とか、土砂降りの日とか、体調悪くて憂鬱だなぁ〜と
いう日だろうが、シンが歩けた16年近く せっせと散歩に出ました。


そして、それほど苦ではありませんでした。


なぜなら植物が芽吹いてあっという間に景色が緑一色になったり。
花たちが色とりどりに咲いて、散って。




雨でできた大きな水たまりに、景色が写って。





青空と雲のコントラストがキレイになって。





暑いけど、その分 木陰がすごく気持ちよくなって。




落ち葉で地面が赤や黄色になって。





空気が澄んで、音のない世界みたいになって。





夕日にできる影が ぐーーーんと長くなって、足長になったり。




シンが一緒だと、どんな季節でも不思議なぐらい楽しめました。
そしてシンが楽しそうに歩いたり、寄り道したり、匂いを嗅いだり。




お友達を見つけて走り出したり。そういう1つ1つのかわいい姿を
見るのが大好きでした。

それに仕事でイヤなコトがあっても、家に帰ってすぐに散歩に出ると
目の前には、ルンルンとシッポを振って歩く、シンの姿がそこにあり。

自然と嫌なコトも忘れて、無意識に鼻歌を歌っているワタシがいました。





シンとの散歩には、そういう魔力がありました。



だから必ず散歩に出ないといけないシンで、よかったなぁと思っています。


いや、必ず散歩に行かなくちゃいけないシンで、「ありがとう」という気持ちかな。




ハート ハート ハート ハート ハート ハート




ここからはシンが我が家に来て、数年の頃の話です。



シンの反抗期で悩んでいた時期がありました。
ネットにはいろんな情報があって、検索しては安心したり
もっと情報を集めて試しては、逆に落ち込んだり。



そんな時、仕事に行くために運転していた車のラジオから
JUDY AND MARYの 『散歩道』 が流れてきました。

曲は知ってはいたけれど、真剣に歌詞に耳を傾けたコトがなくて。


だけど、その日はなぜか、一小節目の歌詞から
ドーーーーンと胸に突き刺さりました。





確かに、その時のワタシは情報ばっかりを鵜呑みにして
それをシンに求めすぎていたのかも。
もっと頭を柔らかくしくちゃいけなかったんだ。




曲が進むにつれて、シンとの四季折々の散歩してる風景が
ばーーーっと、走馬灯みたいに頭の中に流れてきて。












同じような風景の散歩ができているのに、ワタシってば
なにやってたんだろう。。。









「しつけ」という文字に頭を支配されず、まずは今のシンと
「ワンコとの暮らし」を、めーいっぱい楽しまくちゃいけなかったんだよね。












YUKIちゃんの歌で、救われました。
(自分と同じ名前にちゃん付は少々恥ずかしいですが。)




それから吹っ切れたように、楽しいだけの日々が続きました。

だから、この『散歩道」という歌も、シンとの「散歩」も大好きです。




シンとの散歩はもうできないけれど…。

シンがリードをグイグイ引っ張っていく、あの力強さをこの手に感じたいです。

目の前にお尻プリプリして歩く姿を見たいなぁ。

シンがニコニコしながら振り向いて、ワタシを確認する姿を見たいなぁ。

ただ、ただ、一緒に歩きたいなぁ。


そんなコト言ったら、またシンが雨降り地区に戻っちゃうか〜。




シン、大丈夫だよ!






忙しく、ただ、ただ毎日に流されず、シンと散歩をしていた時みたいに
ココロ軽やかに、季節を感じる日々を送っていきたいです。
















| 日記 | 03:00 | comments (6) |
買わない、買わない。笑
捨てるか迷った、洋服の1つ。

若い時に買ってしまいこんでいたので、あんまり着る機会が
なかったけれど、柴犬と富士山の刺繍がとってもキレイな
洋服を捨てるか、残すか迷いました。

捨てるつもりになったのなら、エイッ、ヤー!と思い切って
赤柴ちゃんだった刺繍を、マジックで縫って
黒柴にしてみましたーーーーーー。ダッシュ



まぁ、なかなかじゃん?



それを今かぶせている洋服と交換してみたら、こちらも
なかなかじゃなーーーい。




ダンナに『そのうち、新しい洋服買ったりして…』と言われ
ありえそう〜と笑ってしまいました。






四葉 四葉 四葉 四葉 四葉 


お義姉さんにお花いただきました♪



お花、絶えなくて嬉しいね。



今日の写真はシンが1歳の頃。
お義姉さんのおうちのワンコ チョコちゃんと。




シンのガムをチョコちゃんが舐め舐めしても、怒らなかったのか〜と
写真を見て知りました。覚えてなかったよ〜。こんな優しい姿。ダッシュ




でも日記読み返したら、やっぱりリード外したら
追いかけまわして(まぁ、遊ぼうと思ったんだろうけど…)
ひっくり返して、カプカプした?そうな。。。ダッシュ


2004年1月1日の日記
あっ、1日分のリンクができなかったので開くと1月全部の日記が出てきます。。。



だよねぇ、、、
ワタクシ、、、日記、書いたくせに本当に忘れてます。







| 日記 | 08:19 | comments (0) |
存在アピール
探し物、探し物。

いや〜かなり探しました。



いつも開かない、棚を開けたり、ベットマットを外し
ベットの下の収納を確認してみたり…。

そしたら、ベットの端っこから、こんなものが出てきました。笑

ズボッと塊で抜けたシンの毛。



オイラ、いるよ〜♪って?笑



ダンナはまだ会社の机の上に、シンの分身(1本の毛とか)を
見つけるそうです。そうそう、家だけでなく、あらゆるところに
分身は出現するんだよね〜。




四葉 四葉 四葉 四葉 四葉 




私の出勤はお昼過ぎ。
お昼ごはん食べて、すぐに出勤するので全部支度をして
最期にお昼ごはんを食べます。

テレビを見ながらお昼を食べていたら
視線が外れて、ぼやけている部分にあった黒いカバン。

一瞬、それがシンが座ってこっちを見ていると感じました。ダッシュ


思考回路が、まだシンのいるままなのかもなぁ〜。

それともシンが存在をアピールしているのかもね〜。笑



四葉 四葉 四葉 四葉 四葉 



今日の発掘写真。


シンは本当に若いころ、パワーが有り余っていました。
高い所には登りたがるし、崖とか壁とか挑戦するのが好き?でした。
若かったから、どれぐらいだったら登れて、飛び降りられて…と
自分の力を試したかったのかも〜?





日記に載せていなかった壁よじ登り写真。

フレシキリードだと、ほぼ自由になると思っているシンは
突然、壁を登りだすから笑えました。



よくまぁ、こんな壁を。



腕がプルプルしてそうだよね。ダッシュ



うちの散歩って、ほんと自由過ぎるなぁ、、、、

しつけ教室の先生とかが見たら、目が飛び出すかも。汗










| 日記 | 07:49 | comments (4) |
まだ、お家にいる気がするから、「黒柴います…」って言っていいよね?笑
掃除機をかけても、ラグにはシンが歩行器で歩いた跡が残っています。
跡が消えないぐらい、たくさん歩いたもんね。


Webカメラを外して、壁のネジ穴をパテで埋めたり
玄関に降りないようにしていた伸び縮みのゲートを外したり
ワンコと暮らした形跡が、少しずつ消えています。

そうしているのは、自分だけれど…。
でもココロの中にいるシンが消えるわけではないよね。


ハート ハート ハート ハート ハート


所要でショッピングモールに行きました。
エレベーターを待っていたら、先にペット用エレベーターを待っていた
集団の中に、黒柴ちゃん!

飼い主さんたちは、話に夢中になっていたので
こっちを見ていた黒柴ちゃんに「こっちにおいで〜」のビームを送ると
通じたらしく、そそそそっ。。と。笑

飼い主さんも気が付いて、リードを緩めてくれたので
ワシャワシャとなでくり回しました。
久しぶりのワンコの感触。love


そこで、つい 『うちにも黒柴いるんです。』とワタシ。



『 いたんです。。。』 と、まだ言えなかった。。。汗





ハート ハート ハート ハート ハート


今日の発掘写真。

シンのミニチュアピンシャー時代。

子犬時代から、手足が伸び始めた頃。
まだ毛が柴犬になりきれていなくて、短かったからか黒光りしてツヤツヤで
よぉーく「ミニチュアピンシャーちゃんですか?」と聞かれました。




シンがおチビの頃って、黒柴がそんなにまだメジャーじゃなくて
『黒い柴犬なんて、いたんだぁー?』なんて言われることもしばしば。



ダンナと遊ぶシン。



ジャーーーンプした後ろ足が、ピーーーンと伸び切って笑えます。


ちなみにミニチュアピンシャー時代が終わり、今度は毛がフサフサしてきたら
ハスキーちゃんの子犬ですか?とよく聞かれましたー。笑












 
| 日記 | 07:32 | comments (4) |
枝フェチ判明




シンがお空にいってから、とにかく、とにかく、時間があります。

特に今、新型肺炎の影響でダンナは時差出勤。
早朝に家を出ていくので、一人の時間が長くて…。


シンとの会話がない。

ごはんあげない。

散歩に行かない。

オムツ替えたりもない…。

介護後半、特に日記には書きませんでしたが
実はシンに関するものの洗濯が、かなりありました。。。。

そんな洗濯も激減するし、私も仕事に出ちゃうので
部屋も全然汚れないよぉぉぉ。

ワンコがいないと ( 特に我が家は夫婦二人なので ) やるコトって
こんなに少ないんだなぁ、、、、としみじみ実感。

とはいえ、そのワンコのやるコトが楽しかったんだよな〜。




なのでヒマな時間に莫大なシンの写真整理をしています。
やっと2003年〜20010年まで終わりました。


…で、写真を1日、1日、振り返ってみて…。
トータルしてわかったコト。

いや〜シンってば、とにかく枝フェチだった!

キャンプ場で、ダンナがたき火の為に枝を拾って持ち帰るのを
「オイラも手伝う〜っ」って一緒に運んだのは覚えているけれど
普通の日の散歩でも、こんなにしょっちゅう、枝写真があるとは…。




写真を見ると、特に大物好みだったみたいだけど
さすがに私に拒否されて、家まで持ち帰りさせませんでした。笑



石をくわえている写真は、まだ一枚しか発掘できていないけど
石もよく、持って帰ったなぁぁ〜。ヨダレダラダラ垂らしながら。ダッシュ

こういうコトも、日記つけてなかったら忘れていたかもな〜。


| 日記 | 13:51 | comments (6) |
シンの居場所

世の中は、新型肺炎で色んなコトが自粛され、どこかに行くにしても
菌にビクビクして、心からおでかけが楽しめない今日この頃。

けれど、買わなくてはいけないものがあったので、ショッピングモールへ
出かけました。シンを留守番させていないので、急いで帰らなくて
よいのが、なんか変な感じです。

ましては、ペットショップを見つけ 『入ろうぅ〜〜♪』という衝動に
「あっ、、、入ってもしょうがないんだ…」と悲しくなったり。

普通に食料品を買っている時でも、ペットフードが目に入って
目をそらしたり…。悲しくなって
「いかん、いかん。シンが雨降り地区に戻っちゃうぞぉ〜」なんて。汗


まだまだ修行が足りませんな。ダッシュ


− − − − − − − − − − − − − 

シンの物の整理も、まだまだです。

そんな中、このお洋服。

いただいたものなので、捨てちゃうか迷ってました。
だってせっかく名前を入れてプレゼントしてくれたものだし。
私たちも、気に入っているし。



そしたら、ゆりぞうさんがいい案をくれました。


お家にいるシンに着せたらぴったり♪



首輪も乗せました。


それに、洋服をかぶせた方が、いかにも…っていう感じにならないし
滅多に来ないけれど、工事の方とか、知らない人が来てもぎょっとしないものね。




シンが我が家に来てから、17年。
サークルがあったこの場所は、ずーーーーーっとシンがいたところ。

それは今後も変わらないかな♪



− − − − − − − − − − − − − 



そういえば、ダンナとリビングにいる時。
話ていたり、夕食の準備をしている時に無意識に
ふっと、シンがいるって感覚を感じました。

思ったと同時に、あっいないんだ…と思うのだけど。

平日はそんなコト感じないのに、ダンナといると
そんな瞬間が何回かあって。

もしかして、本当に側にいたのかなー?笑


オイラ、ここにいるよぉ〜って♪











| 日記 | 13:25 | comments (6) |
偶然が重なって
今日は飼い主の日記です。


シンがお空に行く、5日前に伯母のダンナ様。
ようは、おじさんが亡くなりました。

近親者だけの家族葬だという事で、お香典を郵送で送ったら
そのお返しに選べるギフトのカタログが届きました。

何日か、そのままにしていて「そろそろどんなものが
選べるのか、見てみようかなぁ〜」とカタログをペラペラ。

そしたら、なんとビックリ!




私、実は有名な写真販売サイト PIX●Aで、キャンプの写真などを
販売しているのですが、カタログのキャンプ道具のコーナーに
なんとワタシの写真がっ!





もうビックリです。



ちなみにこの写真、私の販売している中では売れ筋です。笑
他のは全然売れないのですが、、、汗

売れると『売れました』的なメールが来るので、売れるたびに
ダンナと『どんな風に使われているんだろうね〜』
『その状況に出くわしたら、嬉しいね〜♪』 なんて話していたら
まさか本当に、その日が来るとは〜。

実際の写真はこちら。



ページの関係で、左右反転にして使っているみたいですね。

あ〜こんな風に使われるんだ〜。
かっこよく、文字入れて使っていただけて、嬉しいなぁ〜。

なーんて思いつつ、こんな風に使われるならシンが
写っている写真にすればよかったなぁ〜と思って
よぉーーーく見たら、イスの向こうに、ちっこいシンがいた♪



シンの部分を拡大して、吹き出しにしてみました。






もしも、おじさんが亡くならなかったら。

もしも、お香典出さなかったら。
(母は、出さなくていいんじゃない?と言っていたけど出しました。)

もしも、いとこが、このカタログを選ばなかったら。

いろんな偶然が重なってこのカタログがめぐってきて、すごいなぁ〜と。


シンも写っているから、記念になったし。
シンに報告しておきました〜。love






| 日記 | 12:53 | comments (4) |
駆け抜けて行ったかな?



シンがお空に行ってから、2週間近くたちますが、介護していた期間が
1年ちょっとなので、体がまだそっちに慣れているらしく。

シンがいなくなってからも、毎日、毎日、寝がえりさせていた
2時と4時〜5時に必ず目が覚めます。

1日すら、朝まで熟睡できた事がなくて。。。
せっかく熟睡できるのになぁ。笑





知っていらっしゃる方も多いと思いますが。虹の橋のお話に
雨降り地区 という続きのお話があるのをご存知でしょうか?




ハート ハート ハート ハート ハート ハート 



第3部 雨降り地区



幸せと愛の奇跡に満ちている、虹の橋の入り口には
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも…。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から
出て行かない子達もいるのです。地上に残して来てしまった
特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。

地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、同じ悲しみに
凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。




地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた
想い出こそが「虹の橋」を創りあげているのです。
ですからどうか、別れの悲しみにだけに囚われないでください。

彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。
命の儚さと愛しさを。束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。
思い出してください。動物達が残して行ってくれた
形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。






それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。

信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから。



−−−−−−−−−−−−−−−−

虹の橋は1部、2部ともに作者が不明の海外で執筆された
物語で3部の「雨降り地区」は芝山弓子さんという日本人の方が
書かれた物語となっているそうです。

(※雨降り地区の内容は芝山さんご自身のホームページにて
転載可との事でしたが2005年12月に芝山さんは他界され
ホームページも閉鎖となっているそうです。)



ハート ハート ハート ハート ハート ハート 



シンがいなくなって、号泣してしまう事はないけれど
やっぱり寂しくなって涙が出そうになる時は、このお話を思い出します。

シンが雨降り地区を ものともせず、一瞬で、ダーーーッと駆け抜けて
みんなと楽しく遊べるように…。





だってこのお話の中に書かれているように
シンは私たちを悲しませる為に存在していたのではなく
私たちを幸せにしてくれて、たくさんのステキな
宝物を残して行ってくれたのだもんね。



今日は3月3日 ひな祭り。

桜餅、買ってきたよぉー。


「ファクトリーシン」さんのプリンの入れ物にお水を入れてあげています♪

歯にくっついちゃうから、気を付けて食べるんだよ。ハート


なんだかね。シンがお空にいってから
シンの為に、色々買ってきて。
結局、私たちが食べるから、太っちゃいそうだな。笑







 
| 日記 | 15:32 | comments (20) |
嬉しい郵便物



シトシト雨降りで、どんよりしていたけれど
ポストに入っていた郵便物で、花が咲いたみたいに
私の気持ちが、ふわっとピンク色になりました。

差出人はシンの通っていた動物病院。

封を開けてみると院長先生をはじめ、副院長先生。
シンと関わりを持ってくださった、看護師さん、受付の方。
みなさんがシンの為に、メッセージを書いてくれていました!

そして真ん中には、いつ撮ったのか看護師さんに抱えられたシンの写真。




診察室で写真を撮ったのを見たコトがないので、たぶん
私たちの手から離れて、奥の部屋で治療をした時が数回あったので
その時に、撮ってくれていたのだと思います。


シンの困った顔が笑えるやら、涙が出るやら。

先生がシンの本来の姿を知らないのと一緒で、私たちの手から離れ
不安で困った顔をしているシンの一面を見た気がしました。


とにかく、こんな風に病院から、温かい愛のあるお手紙をいただくなんて
想像もしていなくて。ものすごく嬉しくなったと同時にシンはステキな
病院で診ていただけて、本当に良かったな〜と思いました。



ちなみにシンはペットショップで感染していただろう生後58日で
生死をさまようパルボウィルスという病気になりました。

その時に、ペットショップとつながりを持っていた、この病院に
行ってください…と、半強制的なきっかけで、17年間通いました。


でも、へんな話。
道が空いていても車で30分〜40分かかるので
パルボウィルスになっていなかったら絶対に通う事もなく
知る事すらなかった病院なのです。

そう考えると、色んな事が重なって出会えたステキなご縁
だったんだなぁ〜となんだかじんわりしました。





ちなみに「Old Diary」古い日記で

4/7(月)〜4/13(日)までの日記はhealthの『パルボ闘病生活』でご覧ください

なんて書いただけで、リンクも貼らず。

ましては「health」のページはホームページをリニューアルする前の
ページで、今はそのページが「About」に一括してしまっていたので
たどりつけなくなっていた闘病記。

もう一度、ここに ↓ リンクを貼ってみました。

パルボウィルス闘病記

17年前の自分の書いた日記なのに、一気にあの時の思いが
ぶわっと蘇り、なんだか泣いてしまった…。笑




 
星 月 星 月 星 月 星 月 星 月




なにはともあれ、17年間の動物病院の締めくくりにステキなお手紙。
ダンナなんて「泣いちゃいそうだから一人で後で読む」…と
寝る前に読んでました。



先生方、スタッフの皆様。シン共々、本当にお世話になりました。

ありがとうございました。







| 日記 | 00:00 | comments (4) |
先生たちにご挨拶に



家の前の公園で、ウグイスが鳴き始めました。
春だよ〜シン。お散歩に気持ちいい季節だね。



今日、シンがお世話になっていた動物病院へご挨拶に行きました。
本当は先週行く予定だったのだけど、シンがおチビの頃〜10歳ぐらいまで
診てくださった院長先生が、不在だという事もあり
今週、お時間をいただく事になりました。

みなさんで食べてもらうお菓子と共に、自己満足で
シンと色んなところに旅したショットや、楽しそうに雪の中を走っているシン
カヌーをしてるいるシンなど、、写真を8枚ぐらいプリントして
そこに病院への感謝の思いをつづりました。

そしたら、シンを最期まで見てくださった副院長先生(若い女医さん)が
その写真を見て 『わぁーーー! 嬉しい。こんなに楽しそうな
シンちゃんを見られて♪』と とても、とても、喜んでくれました。

その時、そうか〜と。

動物病院のシンは、いつもドキマギ、おとなしく、表情も不安そう。
先生たちに笑顔って、見せたコトなかったのかも。



(おチビの頃は、喜んで病院行ってましたが、去勢手術のあと怖がるように…)

ましては人間だったら病院の先生は、病気を治してくれて
感謝されるけれど、ワンコたちにとっては
先生は「コワイ事する、イタイ事する」人だものね。

『シンちゃんは、こんなに楽しそうで、色んな事を経験して
色んなところに行ったんですね〜』と、本来のシンの姿を知って
とても喜んでくれた事に、私たちもとても嬉しくなりました。

それと同時に、毎年のあちこち行った写真入りの年賀状。
動物病院にも、ちゃんと送ればヨカッタね。。。と、ちょっと反省。




本当はもっとお話ししていたかったのだけど、貴重な休憩時間を
さいてしまっては申し訳ないので、きりのいい所で
感謝の思いを伝え、帰りました。

(思った以上にシンの事を語っていたダンナで驚きましたが
本当はもっと話したかったらしい…と。笑)


17年通った病院。もうこの扉から、診察室に入らないんだね。


ちなみに、この日のご挨拶には、ちゃんとシンも連れてきました。
私のスマホにぶら下げて♪



帰りの車中。
「先生たちに喜んでもらえてヨカッタね」とダンナと話していたら
ちょうどシンの分身が、陽にあたって車内がキラキラ。星



なんだか、シンも一緒に喜んでくれているような気がしました。











| 日記 | 00:00 | comments (0) |


  


CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<   09 - 2022   >>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート